取得に費用のかかる電話加入権は方法次第で安く取得することができる

男性

契約の流れ

携帯端末

レンタル携帯を契約する際は、実際に店舗に出向き契約を行ないます。契約時には免許証やパスポートなどの身分証明書が必要になり、契約にかかる初期費用も忘れてはなりません。レンタル携帯の料金は、選択する電話会社や機種によって違いがあります。自分で携帯電話端末を持込み、電話回線だけを手配することでレンタル携帯を安く利用することができます。スマートフォンなどでインターネットを利用される方は、パケット通信の使用状況に応じた料金プランを選択することが大切になります。現在ではWi-Fiスポットが配備されている環境も多いことから、パケット通信の頻度も少なくなってきました。そのため、実際に使用しているパケット通信量を把握することで、適切な料金プランを選択することが可能になります。通話明細書を確認して、自分の利用傾向を把握することで料金プランを見直すのも良いでしょう。メニュープランが決まったら、お望みの機種を選択してご契約の流れとなります。お住いの地域にレンタル携帯会社がない場合は、郵送からの契約手続きを行なっている会社を選択すると良いでしょう。電話やFAXで申し込みし、身分証明書のコピーをレンタル携帯会社へ郵送します。その後、レンタル携帯会社の指定する口座に初期費用を振り込むことで、後日 携帯電話と契約書がご自宅に郵送されます。レンタル携帯は使い勝手の良さだけでなく、必要な時に早急に手配することができることも大きなメリットの1つなのです。